東京都認証の保育園 ビーフェア

ビーフェアの考え

img1995年「こんなものがあればいいのに・・・」から始まりました。民間に求められている福祉事業は年々増え続けています。 また、社会の変化に伴う市民の福祉ニーズも多様化・複雑化し従来の行政サービスでは対応の困難なものが多くなり、サービス形態の再構築が叫ばれています。

ビーフェアは地域福祉の健全な民間事業体です。これまで、福祉事業は行政まかせで、市民もそれをあたりまえと受け止めてきました。 しかし、社会変革に伴い市民のライフスタイルは変わり、福祉サービスを従来の形で提供しても、利用者にとって必ずしも便利なものではなくなってきました。 そこで、今後は、民間と行政の協力関係を強化し、利用者の声に敏感に反応し対応でき、尚且つ、健全で柔軟な福祉事業への取り組みを地域において具体的につくりあげて行くことが必要な時代であると考えています。

ビーフェアの特徴

園庭を持たない、テナントビル内の駅型保育園の性格上、防災上の想定される被害から、“いかに安全に子どもたちを守れるか“、防災・避難訓練、施設検証・避難経路のチェック等により、施設における安全性には徹底した取り組みを行っています。
更に、基準以上の十分な職員配置と、施設面における “危ない” 箇所の排除・防御等、集団保育で想定される事故などから、子どもたちを守るために日常的にチェックする体制を作り上げています。

また、地域の各保育園との交流・学習機会を得るために、月に一度のビーフェア“施設長会議”、“こどもの安全な食事” について話し合われる“調理会議”など、こうした各園との交流、意見・情報交換を通して、内容のチェックや保育内容の更なる充実を図るために努力しております。

ビーフェアの経験

概要

平成13年に東京都が新設した主に東京都認証保育所の運営を行う民間の会社法人です。
現在、東京都認証保育所の運営は、計8園。(西武池袋線に2箇所、西武新宿線に3箇所、東京メトロ丸の内線に1箇所、中央線に1箇所)。
他には、目黒区、板橋区、台東区での小規模認可保育所の運営、杉並区保育室の運営委託を受けています。
ビーフェア設立までの保育実績は、平成8年に西東京市において、認可外保育室を開設し、民間の駅型保育園の先駆けとして、今日までにお預かりした児童延人数は、延べ25,000人を超えています。

想い

img乳幼児という人間形成の基礎を築く大切なこの時期に、私たちが担う役割は、健康・安全を基本に、情緒の安定する生活環境をつくり、一人ひとりの子どもたちの気持ちに寄り添いながら、子どもそして保護者との信頼関係を基礎に、より良い保育に取り組んでいくことです。

大切なお子様をお預かりするということは、想定されるあらゆる事態に対処する能力と経験を持ち、そして保護者が迷われたり、悩まれたりしたときに、適切にアドバイスし、共に解決していくこと、また、保育を提供する側の責任とスタンスは、子どもの命を守り、保護者と共に “子どもを見守る…” これに尽きるということです。

そして、子どもの命をどのように保護者と共に見守るのか…、ということが、今後の保育施設に求められる独自性だと考えています。

PAGE TOP